【豆知識】ダンボールの開梱。カッターの刃は垂直ではなく斜めに入れましょう!

完成品小物は組立家具などのダンボール箱は、OPPテープ(透明な梱包用のテープ)やクラフトテープ(紙のガムテープ)で止められています。
カッターナイフやハサミの刃で切って開けますが…

刃を垂直に入れる…これはダメな刃の入れ方です。

刃を垂直に入れる…これはダメな刃の入れ方です。

写真の例のように、刃を垂直に当てて(入れて)テープを切っていませんか?
OPPテープだけ切れればいいけど、力の入れ加減によっては…

中のダンボールや、間違って部材を傷つける恐れがあります。

中のダンボールや、間違って部材を傷つける恐れがあります。

上の写真は極端な例ですが、力が余ってグサッと刺してしまう事も!

緩衝用のダンボールが入ってなく、直接部材や商品が入っている場合があります。
カッターの刃が深く刺さってしまうと、例えばベッドフレーム・ヘッドボード・チェストの横板とか天板などの部材に直線傷が付いてしまいます。

開梱時に傷を付けてしまうと、販売店やメーカーでの不良交換お受けできません。
※お客様が開梱時に傷つけた場合は、初期不良にはなりません。

まず横のテープを切ります。

まず横のテープを切ります。

ダンボールを開梱する時は、まずは左右の横のテープを切ります。
※刃を水平に入れます。

カッターの刃は、必ず斜めに入れましょう!

カッターの刃は、必ず斜めに入れましょう!

横を切ったら、次は上。
カッターの刃は、必ず斜めに入れます。
感覚的には、ダンボールの内側(波板の部分)に刃を入れる感じです。
OPPテープなら、ある程度切ってダンボールの両側を持ち上げれば、スッと切れて開梱できます。

 

開梱時のカッターナイフやハサミ、怪我のないように商品を傷つけないように。
くれぐれもご注意ください。

 

総合通販サイト「もしダス」
【豆知識】ダンボールの開梱、カッターナイフやハサミの扱いについての注意点でした。

(Visited 8 times, 1 visits today)